部活はお金がかかる

 

わが息子長男が中学生になり部活をやらなくてはなりません。
これってある意味強制的にですよね。
わが子はおとなしい方だから文科系に入るかと思っていたらな、なんと!!!
卓球部に入ることを決めました。
親ながらなんだかうれしい〜

 

卓球部っていうのもある意味微妙だけどまだ文化部よりはいいし、なんといっても運動してくれることに感動。
すぐに借り入部も終わり本入部へ。
そしていろいろと購入しなくてはならないことが判明しました。

 

基本は卓球シューズラケット、この2点は個人持ちで購入しなくてはなりません。
さ〜どうしよう。
お金があるかしら・・・
無かったらキャッシングしなくてはいけない。
そんなときはキャッシングの金利をよくみて借りるところを決めなくては。
でもまずはどのくらいするのかお店に行ってみてきました。

 

おっ、思ったよりいい感じの値段かも・・・
シューズもラケットもピンきりなのでもちろん安いのから高いのまでありました。
なるべく安いの願いながらもさすがわが子、お金がない母の財布事情が分かっているのか比較的安めな物を選んでくれました。
そしてラケット。
これもまたピンきり、しかもラバーが貼っていないものもあってどうしたものか。
とりあえずはお店の人と相談してそれなりの物を購入しました。
全部で1万円でおつりがくるぐらい、良かった〜

 

だってもっとかかる部活ってあるからね〜
親友の家のこはハンドボール部に入ったそうなんだ。
もともと運動神経のいい子だからうちの子とは対照的。

 

そのハンドボール部はインナーシューズアウトシューズが必要らしくお店に行ったらびっくりしたって。
それはなぜかというとピンきりと言っても幅が狭く安くても6千円ぐらいだって!!!
なぬ〜私では倒れそうになってしまう値段。
しかも8千円前後がざらで結局1万円近くの選んだみたいで合わせて2万円ぐらい。
部活のTシャツというものも必要でそれも替えを合わせて8千円ぐらいだって。
ひえ〜ハンドボールってそんなにお金かかるの?って聞いちゃいました。

 

なんだかんだかとこれからも遠征費や他の事でもお金はかかるんだろうな〜
子育て ってホントにお金がかかるんだな〜いくつになっても。